SSブログ

幸運のチケット再び 【SEX MACHINEGUNS】 [ライヴ日記]

SEX MACHINEGUNS 2008秋ツアー 「天下一ぶどう狩り」 in川崎クラブチッタへ行って来たよ!

このツアータイトルは、某有名マンガの武道大会から名づけられてます。
ツアーパンフも、オレンジ色。
なんとかボール(笑)

ツアー初日。
嬉しい事に、この日のチケットは、幸運のチケット再び。
ほら、見て見て。
幸運のチケット再び.jpg
友人二人(二人とも友人Mだ)と、大喜び。
さすがに、整理番号1ケタ代は始めて。

ところが、痛恨の休日出勤が・・・
それでも上司にワガママ言って、1時間早くあがらせてもらって。
会場着いたら、開場時間の5分前。
もう二人の友人Mは、列の先頭に並んでる。
ギリギリ。
もう、こういう綱渡りはイヤだ。

幼稚園生のお散歩みたいに、並んだままゆーっくりゆーっくり会場入り。
前に、何か事故でもあったのかな?
すごい警戒っぷり(苦笑)
それでも、無事、真ん中Anchangと左SHINGO☆の間、ちょうどAnchangがギターソロの時に前に出てくるところの前あたりをゲット。
これは、友人Mさんがギターリストだから。
ガン見したくって、このポジション。

今回のオープニングアクトは、「マグヴェリー」。
一度、やはりマシンガンズのオープニングアクトで見てる。
このバンド、面白いよ。
曲は80年代ポップスに近い感じがして、それも好きな感じなんだけど、
MCがかなり作りこまれてて、会話に会話がかぶさっていく感じで、ポンポンとテンポがいい。
客の笑いのツボとかおさえてて、見ていて楽しい。
何かのキッカケで、デビューできたらいいな、と思えるバンドだよ。

そして、SEX MACHINEGUNS。
初日は、いつもグタグタで、しかもこのツアーから、サポートギターがまた新しい子。
不安材料はたくさんあったけど、なにせ最前列で見れる訳だから、何をかいわんやですよ。

登場したメンバーのユニフォームティーシャツは、グレーに黒の縦じま。
トラを意識したのかは分からんけど、負けちゃったからね~。

えー、最前列の良いところは、もちろんメンバーが近くで見れる事。
アイメイクまで、ばっちり見える。
あぁ、Anchang、ちゃんとアイライン書いてるわ~、とか。
だけど、その分人が詰まってて狭いので、ヘドバンは、非常にしにくい。
押されないだけましなんだけどね。
ないものねだりなんですよ。
後ろでスペースとれればヘドバンも楽ちんだけど、やっぱりこの近距離には勝てないしね。

「食べたいなめたい危険地帯」からスタート。
場所的なものなのだけど、普段、ステージ両脇の大きいスピーカーから出てくる音が、主に聞こえている訳だけど、この位置にいると、Anchangのギターアンプから出てくる直の音が、非常に良く聞こえる。
という事は、もう一本のギターより、Anchangの音が良く聞こえる訳で、いつもと聞こえてくる音のバランスが違うのね。
ちょっと変な感じ。
ギターって、2本でハモっていたり、リフの役割が違うから、ようはCDとちょっと違って聞こえてきて、面白いんだけど、一瞬曲が分からなくなる事がある。
私はプレイヤーじゃないから、仕方ないんだけどね。
でも、その分、Anchangのフレットのおさえ間違いとか、ばっちり聞こえる。
あ、今、半音違う、とか。
いい音より、雰囲気大事だから、これはこれで楽しいよ。

このツアーのサポートギターは、RYOSUKEというまだ若干25歳の若造くん。
SHINGO☆と同い年。
顔はねぇ、TMRの西川くんに似てる。
あと、小島よしお・・・
カワイイ感じの子だよ。
背が、メンバーの中で、一番大きい。
これは驚き。
左の方から右側のRYOSUKEを見る感じだったから、まいまち分からなかったのだけど、真ん中に出てきたら、よく分かったわ。
確か、Anchangが176cmくらいあるのよ。
↑これも訂正。
友人Mさんがコメントしてくれた174cmが正解。昔の冊子に載ってたよ(苦笑)
決してデカくない。でもデカく見える。足が長いのは、悔しいけど本当。

だから、RYOSUKEは、180cm近いのかな。
SHINGO☆とKEN'ICHIは論外。
ちびっ子だから(笑)
彼はね、恐らく相当緊張していたと思うよ。
中坊の時にマシンガンズを聞いて、好きだったらしい。
で、自分が今はマシンガンズのサポートでステージ上にいる。
この役割って、かなりプレッシャーなんだよね。
だから、全然慣れていない彼は、何故かMC中とか、気をつけの姿勢。
視線がおどおど落ち着かないのは仕方がないとして、妙にうろうろしてたり、とか、大変だなぁ。
このバンドのサポートって。
ま、そのうち、足も肩幅に広がって、どんとかまえてくれれば、それでいいよ。
MCとかもちょびっとしゃべったんだけど、まだまだ大きな声でMCは難しいかな。
多分、いくつかステージをこなすと、すぐに大声でMCできるようになると思うけどね。
私が想像するに、彼、天然かもよ。
なんとなくその片鱗がうかがえる気がする。
SHINGO☆の天然っぷりとはちょっと違う気もするけど。
すごいマイペースとか。
分からんけど。
SHINGO☆とも同い年で、KEN'ICHIとも年近いし、そういう意味では、すぐに打ち解けただろうし、話もしやすいでしょう。
Anchangもそういうところは気を使っているはずだから。
なんだか、親ガモに、子ガモがいっぱいくっついている感じ。
親ガモAnchangの腕の見せ所じゃない。

その彼、どんなギターを弾くのか、興味深々だったのだけど、それはすぐに見る事になったんだわ。
2曲目の「みかんのうた」で、あろう事が、ギターソロの直前で、Anchangのギターの音が、プツンと切れた。
出ない。
こういうトラブルは、たまにあるんだけど、よりによって、まだ2曲目で、肝心なギターソロの前に。
タイミングとしては、最悪なんだけど、そのAnchangのギターソロを、とりあえずキョロキョロとどうしたらいいか分からない感じはしたとしても、RYOSUKEがきっちり、弾いてくれました。
お~。
この状況の中では、最善のフォローだったんじゃないかな。
顔は呆然とした感じだったけどね。
というか、彼、あんまり表情が変わらない。
まだ緊張しているからかな。
きっと、このステージは、何にも覚えてないくらい、緊張していたかもね。
してなけりゃ、相当の大物だ。

スタンスとしては、PANTHERがやっていたソロは、RYOSUKEにおまかせみたいだね。
PANTHERのソロは、小難しいソロばかりだから、演奏する方は大変だなぁ。
頑張れ、RYOSUKE。

この日、Anchamgのギターは、何度も音が出なくなってましたね。
もちろんギターテクの人がいるから、何とかなるんだけど、ここまで何度も出なくなるのは珍しいよ。
どうも、ワイヤレスの調子が悪かったらしく、途中からAnchangのギターは、コード付きになってました。
アンプと直でね。
で、普段、ステージを走り回る彼らとしては、コードはちょっと邪魔なんですよね。
だから、コードの近くにいるSHINGO☆に、「踏むなよ」と。
踏んだら、道連れ(笑)
ちょっと道連れになるAnchnagとSHINGO☆が見てみたかったり。

平均年齢の話になってですね、3人の平均年齢は、28歳なんですよ。
(22歳+25歳+38歳)÷3
Anchangだけ考えると、非常に詐欺。
今年デビュー10周年のマシンガンズ。というよりAnchang。
SEX MACHINEGUNSというバンドを作って、19年。
KEN'ICHIなんか、あと10年たっても、まだ32歳だよ。
なんだか、時間の流れというものは、個人差があるものだなぁ。
でも、22歳の若さで、こんなチャンスをつかんでいるKEN'ICHIは幸福者かもね。
SHINGO☆にいたっては、最初のオーディション受かった訳じゃないし。
たまたまの流れ、でマシンガンズに入って、今やその役割は大きいよ。
何せ、正式メンバーのフロントは、AnchangとSHINGO☆、二人きりだからね。

初日だから、なのかは分からないけど、この日は、少々まったりぎみのMCでしたね。
にしても、SHINGO☆は、よくしゃべるようになったわ。
そりゃ、ポキャブラリーは少々少ないが・・・
気にしない気にしない。
羞恥心が流行ってて、良かったよね~。
そのSHINGO☆の、突拍子もないMCに、まじ笑いするAnchangが好き。
メンバーみんな、かなり若返って、それに影響されるように、ちょっと若返った気分のAnchangがいいわ。
毎日のように、20代前半の奴らとつるんでいたら、そりゃ、変わるよな。
同世代といるのと、やっぱり違うもん。
でも、いい方向に働いてくれているみたいだね。
良かったわ。
まぁだまだいけるぜ、おかわりちゃん!ですよ。

あらためて、Anchangはカッコイイ。
近距離で見ると、すごいそう思う。
この人のカッコ良さは、ギターを持たせて、歌わせないと分かりづらいけど、一度体験すると、もう抜け出せないぞ。
特にね、ハイトーンのシャウトと、「人妻キラー」のように途中でスローな部分が入ったりして、歌い上げられちゃうと、もうお手上げ。
乙女な気分で、ステージ見ちゃいます。
笑うと歯茎全開でも、カッコイイ。
笑うと目がなくなっちゃうけど、やっぱりカッコイイなぁ。彼。

8日に発売されたアルバム「キャメロン」。
その中から2曲、演奏してくれました。
「人妻キラー」と「愛の相撲部屋」。
「人妻キラー」は予想内。
やると思ってた。
典型的なメタルの曲だし、PVまで作っているから、やるだろう、と。
この曲ね、ライヴだとちょっとノリづらいんだわ。
見る前からそう思っていたんだけど、確かに、そうだったわ。
なんというか、Bメロとサビの部分が、妙に短い感じになっていて、すぐに次のフレーズになっちゃう。
ヘドバンしているヒマがない。
うーん、次のライヴに行くまでに、きっとマシンガーたちが、何かしらノリを作っているはずだから、またその時に見れはいいのだけどね。
ちなみにこの曲の元ネタは、古いアダルトビデオらしい。
こういうストーリーで作ったあったんだろうね。
えらいシチュエーションだなぁ。

それと、「愛の相撲部屋」は予想外。
もっと違う、スピード感のある曲をもってくるとかと思っていたわ。
何でこの曲選んだんだろうね。
この曲、サビの部分に、SHINGO☆たちが自分たちのフリをつれたんだけど、
それがね、SHINGO☆は全く気づいていないし、そんな反応があるなんて思いもしないだろうけど、
彼の動きは、面白すぎ。
面白すぎて、ほぼ目の前の私も、友人M二人も、ごめん、爆笑して、SHINGO☆が見られなかった。
四分音符で足踏みする感じなんだけど、SHINGO☆だけ妙に頭も一緒に左右に動いちゃって、しかもガニ股だから、なんだろう、なんて表現していいか分かんないんだけど、面白いの。
RYOSUKEみたら、別に面白くないんだよ。普通。
SHINGO☆だけ、妙。
なんで~。

そういえば、RYOSUKEの事、Anchangは何度も「ゆうすけ」と言い間違ってたね。
釣り仲間にいるらしいんだわ。
にしても、間違いすぎ。
そうだ、すっかり忘れてたけど、RYOSUKEは、ただのRYOSUKEじゃなくって、「RYOSUKE SANTAMARIA」だったんだ。
「リョースケ・サンタマリア」
どうも、Anchangが、ステージ上でノリでそう言ったっぽい。
本人、ぽかんとしてた。
「ホントにそれで決まりですか?」って。
まぁね、マシンガンズに入ったら、まともな名前が付くはずがない。
歴代のメンバーだって、そうじゃない。
別に本名隠している訳じゃないのに、みんな変な名前が付く。
一番本名そのままなのは、何気にKEN'ICHIだわ。
今井賢一。
アポストロフィーの意味は、未だに知らないけどね。

↑追記
KEN'ICHIのアポストロフィーは、「ケンイチ」とちゃんと読ませる為についているそうです。
エリコさんに教えて頂きました。ありがとうございます。

セットリストは、この後あげるけど、まだ曲数が足りないなぁ。
1ステージ、前はアンコールも入れて22曲前後やっていたのだけど、今は13曲前後。
まだ、サポートくんが曲を覚えていないとは理由はあるけど、少々物足りないのも事実。
オープニングアクトは、あってもなくてもいいのだけど、
できれば、フルでワンマン、22曲できるように、早くなって欲しい。
ステージングも、流れとかあったけど、今は、まだそこまでいってないよなぁ。
この日は、とうとう、とりあえずの目標である、あの場所、“武道館”を、名前を出して言っちゃったけど、それにはまず、22曲フルステージをやりましょう。
是非、やって欲しい。
それには、ギターは本メンバーじゃなきゃね。
まだまだ“武道館”までの道のりは、遠いなぁ。

以下、セッテリストです。
順番、ちょっと違ってます。あしからず。

食べたいなめたい危険地帯
みかんのうた
とうちゃん
ONIGUNSAW
人妻キラー
エステティシャン
愛人28
踏台昇降運動
愛の相撲部屋
桜島
ジャーマノンパワー
EC
ファミレス・ボンバー
語れ!涙!
EC
SEX MACHINEGUN

おまけ。
友人Mさんが、ライヴ終了後、ステージの端っこに落ちていたSHINGO☆のピックを、スタッフに取ってもらい、ゲットしました。
こちら。
SHINGO☆ピック2.jpg
SHINGO☆ピック1.jpg
どうも、未使用っぽい。(←よく見たら、削れていたので使用済みでした、との事です。by友人Mさん)
マイクスタンドから、ぽろっと落っこちたんでしょうか。
ピンクとは、またカワイイ。

あとMCの都合上、Anchangが投げ捨てたピックも、多分ステージに落ちてたと思うのだけど、それは行方不明。
実は、私、4、5年前に、盛岡のライヴで、Anchangのピックをゲットした事がある。
今でも大事に持ってるよ。
またまた隣の人の荷物の上に飛んできて、その人、全く気づいていなかったから、もらっちゃいました。
それと、同じく、4、5年前、これは名古屋のイベントで、当時ドラムのHIMAWARIのスティックもゲットしてる。
なんでこんなに大きいものがゲットできたか、というと、情けない話、このスティックが飛んできたのを、全く見ていなくって、気づいたら人の手がいっぱい見えて、で、何かが腕の中にストンと落ちた。
見たら、HIMAWARIのスティック。
どうやって?
って私の方が分からない。
すると、じわじわと額が痛い・・・
そう、本人も気づかないうちに、スティックは私の額を直撃して、上げていた腕の中に落ちたって訳。
嬉しいんだか、恥ずかしいんだか。
これも、今でも部屋に大事に持ってるよ。

そういえば、今回のライヴで、最後の挨拶をしたKEN'ICHIが、使用済のスティックを客席に投げ入れていたね。
お、やるな、って気分。
一時期、人気が出た頃は、奪い合いが酷くって(特に若い子)、メンバーが客席にものを投げるのが禁止になっていた時がある。
でも、それはやっぱり寂しい。
そろそろ、またピックでもゲットできたら嬉しいなぁ。
難しいんだけどね。
そんな戦利品の思い出でした。
これでは、また。
タグ:SEX MACHINEGUNS
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

エリコ

初めまして、通りすがりのマシンガーです。
昨日の川崎すっごく楽しかったですよね!!
サポートのRYOSUKEもいい感じで、残りの公演も楽しみです♪

でですね、ケンちゃんのアポストロフィーの意味なんですけど
アポストロフィー無しだと、外人さんがそのまま読むと
「ケニチ」になっちゃうのでアポストロフィーを付けてるって
どこかでAnchangが言ってましたよー♪

いきなりのコメントすみませんでした;
by エリコ (2008-10-12 18:21) 

Mの片方(笑)

まいどまいど〜。
今回はチケットありがとでした!
いやぁ、普段のヘドバン三割減位でGuitarソロをガン見さして貰いましたよ。
1m位目の前でGuitarソロを見せてもらって至福の時でした。
色々勉強になったし(笑)。

Guitarトラブルは残念やったけど、ワイヤードの安藤さんが見れたのは貴重やったね〜。
あ、そう言えば細かいけど安藤さんて確か174cmくらいだったよ。
全然でかくない。
足が長いからイメージだとでかく見えるけどね。

ちなみにゲットしたピックは、家に帰って良く見たら削れてたんで、使用済みだった模様です。
by Mの片方(笑) (2008-10-13 04:29) 

LICCA

エリコさん、コメントありがとうございます!
KEN'ICHIのアポストロフィーは、そんな意味があったんですね。
ありがとうございます。
11月のツアーファイナルまでに、若者たちがどう変わっているか、また楽しみです!
by LICCA (2008-10-13 13:52) 

LICCA

Mさん、またまたいらしてくれてありがとうござまいます!
前回と名前違っちゃいましたね(苦笑)
それはそうと、あの距離はヤミツキになりますよね。障害物も何もない。
ギターはよく分からない私でも、手元ガン見しちゃいますから。
また次の幸運を祈りましょう~。
トラブルは残念なんですけど、いつもと違うものが見られるので、そんなにイヤじゃないです。その時の対応の仕方によっては、普段絶対見られない貴重な瞬間があったりしますから。
Anchangの身長、昔の冊子で確認しちゃいました。Mさん、正解!174cmでした。デカくないなぁ。デカく見えますけどね。
SHINGO☆のピックは、投げたものが手前に落下したんですかね。
また、次回もよろしくお願いします~!
by LICCA (2008-10-13 13:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます